妊娠中の便秘にお茶は危険!

妊娠中は体重コントロールや便秘解消のためにお茶を飲んでいるという妊婦さんもいるのではないでしょうか。しかし、便秘解消のために飲むお茶には注意が必要です。妊娠中に避けるべき飲み物の中にはコーヒーがあります。これはカフェインが胎児に悪影響を与えるために危険だとされていることによりますが、カフェインの含まれている飲み物は意外と多く、紅茶や緑茶、ほうじ茶、コーラやエナジードリンクにも多く含まれています。そういったものを避けながら便秘も解消できるようにと、ハーブティーを選ぶこともあります。ですが、ハーブの中には妊娠中には禁忌とされているものも複数あり、カモミールやセージなどがそれにあたります。逆に妊娠中におすすめのラズベリーリーフなどのハーブティーもあるので専門家のアドバイスを受けて試してみるのもいいかもしれません。女性の中には普段からダイエットティーなど、ブレンド茶を飲むこともありますが、この中にも妊娠中に避けたいものが含まれていることがあるので、飲む場合には成分や原材料に注意して選ぶ必要があります。妊娠中に飲める便秘解消目的のお茶はノンカフェインで自然由来の成分であるかが大事なポイントになってきます。センナなどの強い成分でお通じを促すようなものは効果が高すぎるので飲むことはできませんが、プーアール茶やごぼう茶、黒豆茶などは体に優しい成分で効き目も穏やかなので妊娠中でも安心して飲めるお茶です。

Comments are closed.